有限会社高橋塗装店

広告


一関市の外壁リフォーム

一関市の外壁リフォーム、外壁塗装業者の情報です。
外壁工事を頼む際の注意点、よい業者の見分け方、一関市の相場チェック方法も書いています。

外壁や屋根の塗装、リフォームは、マイホームに欠かせないお手入れです。
きちんと手入れをすることにより、大事な家は長持ちします。

何年か、あるいは10数年程度に一度の塗装やリフォームは、業者選びに苦労するものです。
塗装だけでも決して安くない金額ですし、リフォーム業界なんて普段は関わらない分野ですから。
新聞や折込チラシ、ネット上にはたくさんの業者の広告が出ています。
有限会社高橋塗装店をはじめ、一関市の会社だけでもそれなりの数でしょう。
でも、どの業者が良いのか見分けるのは難しいですよね。

よい業者かどうか判断するために、いくつかのポイントを下でご紹介します。
有限会社高橋塗装店で見積りを取る際の参考にどうぞ。




有限会社高橋塗装店の詳細

名称有限会社高橋塗装店
021-0011
住所岩手県一関市山目町2丁目14−19
住所(カタカナ)イワテケンイチノセキシヤマノメマチ
電話番号
町域山目町

有限会社高橋塗装店アクセスマップ


Web Services by Yahoo! JAPAN

有限会社高橋塗装店周辺の大きい地図


一関市の相場チェック

一関市での外壁や屋根の塗装、サイディング、リフォームの相場を確認し、よりお得に工事をしましょう。



一関市の優良業者に無料で一括見積りを出してもらえます。
お名前・電話番号・延べ床面積の3項目を入力すると、一関市の相場が分かります。
個人で見積りを頼んだ後に断るのは少し心苦しいですが、こういう仲介を挟めば問題ありません。
業者から営業の電話もありませんので、安心ですね。

診断後、外壁塗装の駆け込み寺から確認とご案内のお電話がかかってきます。番号はお間違えなく。

有限会社高橋塗装店さんで見積りを取る際に、合わせて使ってみて下さい。

良い業者の例

見積書がしっかりしている

見積書は単に工事金額のトータルを出すだけではありません。
どういう工程で作業を行い、それにいくらかかるのか明示するものです。
「工事一式」などではなく、内容がきちんと書かれているかどうかがポイントです。
さらに、ちゃんとした業者なら営業マンから内容の説明もあるはずです。

見本を見せてくれる

サイディング工事など商品を設置する場合は、見本の現物カットは見積り段階で手に取ってみましょう。
品番やカラーは見積書に記載されます。
サイディング材質(窯業系・金属系・樹脂系・木質系)なども併せてチェックです。

追加が発生しない

プロであれば見積り段階で必要な補修、リフォームの提案をします。
ちゃんと築年数や家の状態を見ていれば、実際に工事をやってみてから、実は床下が傷んでいた…などというケースはまず無いはずです。
リフォームや塗装にあたって補修が必要であれば、事前に確認して下さい。
やるべき工事とやらなくてもよい工事をはっきり説明してくれるかどうかが、良い業者を見極めるポイントです。

悪い・だめな業者の例

一関市の業者でこの用語を見たら要注意。

「大手会社の下請け」

「大量一括仕入れ」

「無料点検」

無料点検は危険

無料点検は、我が家の屋根裏や床下など見えない部分を点検して、結果、修繕が必要と言ってくるケース。
点検商法と言われる手口です。
点検を口実に営業するのは悪質ですので、契約の取消ができますし、心配なら消費者センターなどに相談を。

大手会社の下請けも、それだけでは信用になりません。
よく調べてみると提携しているわけでもなんでもなく、大手の商品を使っているだけというのもありえますので。

「大量一括仕入れで低価格を実現!」などという広告も時々見ますが、これも要注意。
リフォームはお客さんによって要望も作業内容も異なるものです。
単純な一括仕入れで多様なニーズに応えられるかは疑問です。

一関市の適正相場を知るには

色々とポイントをお話してきました。
有限会社高橋塗装店で見積りを取る際の参考になれば幸いです。
また、一関市のリフォーム・塗装の相場価格を知るには、一括見積が便利です。
有限会社高橋塗装店さんの見積りと比較検討しましょう。



外壁塗装の駆け込み寺は、岩手県を始め全国で実績のあるサイト。
無料で一関市の相場診断&最大3社に一括見積もりができます。
キャッシュバックなど、時々お得なキャンペーンもやっています。
ぜひチェックしてみて下さいね。

診断後、外壁塗装の駆け込み寺から確認のお電話がかかってきます。番号はお間違えなく。

一関市の外壁リフォーム

※当サイトと有限会社高橋塗装店様は無関係です。
このページの内容をもとに有限会社高橋塗装店様へ問い合わせ等はおやめ下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする